日本競馬の血統、外国競馬の血統、競馬予想

競走馬とは

日本が公認する競馬は、もともと軍馬の生産を良いものにしようと始まったのがきっかけです。

昔の戦争では馬が重要な乗り物であったので、馬の性能の善し悪しで戦況が一気に変わることもありました。

実際に戦争で他国の馬の性能の高さを日本は痛感し、軍馬の改良を考え始めました。

そこで良質な馬を血統で作り出すため、当時外国人が行っていた競馬を参考に競馬場などを作って競馬を開催しました。

それが競走馬の始まりです。

競馬の写真

競馬というギャンブルの取扱にくさ

良い軍馬生産という目的を持って開催された競馬はギャンブルなので、当然風紀の乱れが心配されます。

競馬開催のルールが全く整っていなかった当時は八百長や配当金が少なすぎるなど、開催者(胴元)の不正行為が横行して犯罪者の温床になってたらしいです。

その結果、いろいろな対策が行われました。

馬券販売禁止したり、入場料を高額にしてみたり、賭けの対象を景品にしてみたり・・・なんだか現代のパチンコのような内容になってました。

それでも競馬自体は拡大していて、政府のお金で支えていました。なので、馬券の販売無しでは運営がきつくなってきます。

結局、軍馬は重要ということで馬券の販売を再開したのです。

そして正式に競馬が認められて軌道に乗ってきた頃に太平洋戦争があり、その影響で競馬は縮小し、戦後には一時的にほぼ無くなっていました。

しかしながら競馬自体の人気はあって、終戦後に闇競馬という形で非合法に復活し、その流れから完全な国営での競馬が行われるようになりました。

今度の競馬の名目は”軍馬の生産”にはできないので、”畜産業の復興支援”と”紙幣の回収”です。政府にお金が流れるところなので理由などは後付で良いんです。

そして現在のJRAは吉田内閣のときに郵政改革宜しく、特殊法人として独立することになりました。

ギャンブルというお金が集まるシステムは国の運営にとって重要なんですが、賭け事ということで、正当な理由やら条件やら、倫理面でとても取扱がめんどくさいんですね。

競走馬のルーツ

日本の競走馬は血統で語られる事が多いですよね。

これはもともとが軍馬の生産ということで、優秀な馬同士の掛け合わせで更に優秀な馬を生産していこうという目的があったためなんです。

でもこれは外国の競走馬でも血統として認識されているんですね。

競馬自体が外国から輸入されたギャンブルだから、という理由もありますが、世界規模で「競馬=血統のスポーツ」と認識されているのにはもう一つ理由があります。

競走馬の主な種であるサラブレッドは、その父親の祖先を辿っていくと3頭の馬に行き当たります。

つまり世界中の競走馬は全てこの3頭の血統の流れの中にいるということなんですね。

そしてこの3頭の流れを持つ産駒のうち日本で重要視されているサラブレッドの血統があります。

これらの血統の馬が、日本の競馬場で大活躍したんですね。

そしてこの中から最も優秀な競走馬を排出したのがターントゥ系です。

もっと言うとターントゥ系のサンデーサイレンスです。日本ではサンデーサイレンス系の産駒が大量に入賞する事態になり、一時期の競馬予想ではこのサンデーサイレンスの産駒であれば勝てると言われるほどになりました。

現在でもサンデーサイレンス系の産駒は注目されますが、あまりに日本の競馬会で増えすぎて、参考になりづらくなってきました。

競馬では血統を重要視するので、競馬を語る上でこういった背景が大前提としてあるんですね。

サンデーサイレンス

血統の影響の考え方

競走馬のオスを牡馬、競走馬のメスを牝馬と呼びます。

日本の競馬の予想では一般的に父系の産駒を気にする傾向があります。

レースで結果を出す競走馬の多くが牡馬で、目立つのが理由かと思います。

もちろん牝馬であっても大活躍した年もあるので、完全に牡馬が能力が高いわけではないですが、血統を見るときは父系を見ることが多いですね。

例えば近年の有名どこでは凱旋門賞にも出たオルフェーブルですね。

この馬も例に違わずサンデーサイレンス産駒です。

なので、サンデーサイレンス系であることをを理由に当初より人気だったりしました。

こんな感じで競走馬は血統を父系で見るのが一派的なんですね。

※論文や、最近の傾向で母系の血統が父系よりも重要なんてことも言われています。

血統と競走馬の走り

競走馬の走り方分類

血統は競走馬との走りに関連付けられて語られます。

特徴的な走りの理由を血統に求めるのが競馬を語るスタイルなんです。

走りの種類としては

  1. レース終盤に後ろの方から一気に追い抜くタイプ
  2. レース前半に飛び出して最後まで先頭を走り抜くタイプ
  3. 2番~4番手から最後に先頭に出てくるタイプ

にだいたい分かれます。

この走り方の特徴が血統に関係していると考えられているんですね。

実際に、重賞で活躍する競走馬の殆どが似ている特性を示した馬の産駒であることが多いです。

有名な競走馬では「ディープインパクト」なんかが①の能力が顕著な馬ですね。レース序盤~中盤は最後尾につけて終盤になって一気にすべての馬を追い抜きます。

①は競走馬の走りとしては最も派手で、好まれるものなので、印象に残りやすく、かなり有名になりました。

その産駒「ジェンティルドンナ」も、その走りはディープインパクトのものを強く受け継いでいる走りを見せてくれています。

競走馬とコースと血統

競走馬の血統はコースの得意不得意にも色濃く影響しています。

先程例に上げたディープインパクトなんかは芝のコースがとても得意な馬でした。

そしてディープインパクト産駒の馬のほとんどは芝コースでの活躍をしていました。

その中でも1頭だけボアレスという馬がダートで大きな活躍を見せましたが、珍しい例と言っていいでしょう。

種牡馬となった競走馬の得意だったコースに出走させるのが慣例なので、ディープインパクト産駒の競走馬は多くが芝コースのレースに出走しています。

コース適性を血統のみで語るのは少し難しいですが、優秀な結果と関連付けるのが競馬の血統の考え方となっています。

また、日本の競馬のコースの種類は様々あり、各競馬場ごとに距離と地面の種類が多彩にあります。

例えば京都競馬場では地面が芝のコースだけで1100m~3000mまで細かく分かれた距離があります。砂の地面(ダートコース)では、1000m~1900mまであり、更に障害走用のコースの設定まであります。

長い距離になると、途中に坂などがあり、ここを駆け上るにはかなりのスタミナを要します。

坂道でのスタミナも血統に大きく関わる要素となっており、よく”スタミナのある産駒に期待が集まる”などと、競馬雑誌で紹介されていたりします。

外国の競走馬の血統は?

レースで優秀な結果を残した外国の馬は種牡馬として日本で生産を行うことがあります。
また、日本の馬が外国に種牡馬として生産しに行くこともあります。

外国と言っても競馬発祥のイギリスを始め、ドイツやフランス、アメリカやカナダ、アジア圏では香港などで競馬が行われています。

サンデーサイレンスはアメリカの競走馬ですが、日本で優秀な産駒を多く残したことで、日本の競馬の血統は殆どがサンデーサイレンス系になりました。

一方でサンデーサイレンスは生産国のアメリカでは評価が低かったので、その産駒はあまり多くはありません。

競走馬の種牡馬としての評価次第で産駒の多さが全く異なってくるため、各国で活躍する競走馬の系は代が進むほどに枝分かれしていきます。

ただ、活躍した競走馬は種牡馬として各国で生産に関わることになるので、血統自体は外国の競走馬のものが混じってくる事になり、有力馬の系統というと、同じ競走馬の名前が上がってくることが多いのです。

イギリスでは独自の血統を守ろうとする動きなんかがあって、自国の生産する競走馬に誇りを持っていることが伺えます。

こんな感じで外国の競走馬の血統も現在ではかなり複雑化しており、血統で競走馬を語るのはとても難しくなりました。

外国の競走馬の血統について

血統基準の競馬予想はなぜ成り立つか

「競馬はブラッド・スポーツだ」という言葉があるくらい、競馬の血統と予想は綿密な関係を持ちます。

血統予想では父系の競走馬の特徴から、得意なコース種別、レース距離、天候など、いろいろな条件を考慮することが出来るため、予想の根拠として最も信憑性の高い方法として認識されています。

もちろん血統に直接関係なく優秀な競走馬もいるので、血統による予想で必ずしも的中率が高くなるというわけではありません。

というか日本の血統は現在サンデーサイレンス系でかなり埋まってきているので、どの馬もサンデーサイレンスの血を引いているという点だけ考えても血統予想は成り立ちません。

そのため、サンデーサイレンス以外の血統も考慮した競馬予想というのが普通になってきています。

サンデーサイレンス自体の血統の特徴を最も色濃く受け継いだと言われるのがディープインパクトで、その爆発的な末脚はまさしくサンデーサイレンスの血筋です。

血統による予想が重要となっているため、ディープインパクト系の産駒というだけで一気に人気馬になり、配当率が下がってしまうという減少が起こっています。

一方でキングカメハメハなど、サンデーサイレンスの血統ではない産駒も活躍を見せています。

レイデオロなどは2017年9月の神戸新聞杯などで1着になるなど、良い戦績を残しています。他にもセンチュリオンなど、高い戦績を残している産駒がいます。

このように、血統と産駒の成績は関連性がある程度見られることが、多くの競馬のレースの中で証明されています。

もちろん同じ産駒でもあまり戦績の良くない競走馬もいます。

最近では父系よりも母系の馬の能力の影響が大きいとするデータも出ています。

こちらは父系の競走馬の能力を血統予想の基本にしてきた日本ではあまり浸透しておらず、過去のデータ整理が不完全という背景もあり、発展が期待される血統予想の新しい方法です。

このように、血統と競走馬の能力の関係は過去のレース結果から関連性があると判断されており、信憑性が高い為成り立っているのです。

血統の特徴例

☆ダート戦

ダート戦は砂地の地面のため、競走馬にとって足に大きな負担がかかるのが特徴です。砂なので、地面を蹴って進むときに足が沈み込み、馬の走り方や、馬体重なども関係してくる予想の難しいレースです。

また、雨などが降ると、一気に粘りが出てくるため、馬にとってはより一層足への負担が大きく、走りづらい状況となります。

そのため、スタミナのある血統が有利なコースといえます。

去年のレース結果を参考にすると、現状ダートで有利となっている血統は以下です。

ゴールドアリュール

ダート適性の高かったサンデーサイレンス、逃げ脚の早かったノーザンダンサーを血筋に持つゴールドアリュールが中距離ダートで輝かしい成績を上げています。

直系の産駒のゴールドドリームもダートでの近距離~中距離戦績が高く、ダート適性が高い血統と言えます。

サウスヴィグラス

サンデーサイレンスの血統を持たない貴重なダート適性の競走馬です。近い血統内に特に強いダート適性を持つ馬が多くないという突然変異的な血統が特徴です。

しかし、その産駒はことごとく高いダート適性を持っており、雨を吸った重馬場でも戦える逃げ足を持っています。

もともとスタミナに優れる血統なのでしょうか、ダートでの追い込みに才能を見せる産駒も見られ、将来的にダートでの活躍が大いに期待される血統となっています。

☆芝戦

オレハマッテルゼ

サンデーサイレンス系の血統で、母方にダイナカールという芝に適正の高かった血統を併せ持っています。

中距離の芝で高い戦績を残しているのが特徴で、G1レースでは1勝と、あまり結果は良くなかったですが、その産駒の活躍は目を見張る物があります。

安定した力を持つ血統として、いつ強烈な競走馬が誕生してもおかしくない血統だといえますね。

ディープインパクト

芝の長距離といえばサンデーサイレンスの再来とも言われるこの血統が未だ有力です。同じく芝に高い適正のある血統を持っていたウインドインハーヘアとの産駒で、凱旋門賞にも出走予定だった正真正銘日本の名馬です。

その産駒も、サトノダイヤモンド、ジェンティルドンナ 、アルアイン、ダノンバラードなど、芝戦で優秀な成績を収める、有名競走馬となっています。

なにより、競馬の発祥の地、イギリスに種牡馬としてディープインパクト産駒のダノンバラードが供用されたのは、まだ記憶に新しいかと思います。

競走馬の純血を守る方針のイギリスで、他国生産の競走馬が評価されたというのは世界に認められたに等しい快挙でした。

芝長距離での血統としてはこのディープインパクト系を圧倒的に支持せざるを得ないと感じます。

血統で予想する穴馬2018

2017年の現役競走馬で今後穴馬となりそうな血統の産駒を予想してみたいと思います。

★ダート戦

ダート戦では上にあげた血統がやはり強く、実際にその産駒成績もとても高いです。
人気馬の産駒以外に期待値の高くなりそうな血統があるか探してみたいと思います。

2017年の新馬戦から参考に、人気がそこまで高く無いけど3着内になった馬を探してみました。

すぐに人気が上がってしまいそうなんで、配当額が高くならないかも。期待しないで下さい。。。

2歳新馬戦のダートで上位に入着している馬をちょっと探してみると、やはりサンデーサイレンスの血統がほとんどです。

サンデーサイレンスの血はやはり圧倒的に強いですね・・・。

サンデーサイレンス血統のある馬からはチェリードールが良いですね。

サンデーサイレンスの血統に加えて、クロフネの血統も入っており、今後の伸びが期待される馬です。

2017年の出走は主に近距離ダート線で重馬場でないときにいい走りを見せてくれています。

血統的には中距離~長距離に向いている馬になりますので、今後中距離ダート戦に出走となった場合は、期待したい馬ですね。

と言ってもクロフネとサンデーサイレンスの血統を受け継いでいるというのは競馬ファンの中では有名だとは思うので、全くノーマークの大穴となることはそんなに期待できません。

もう1頭、ダートで成果を上げている競走馬がいます。

ピースフルジョイです。この馬、なんとサンデーサイレンスの血統のない、希少な馬です。

ミスタープロスペクター系の血統のある馬ですが、サンデーサイレンスの血統とはかなり異なる流れなので、新たな血統系として体制が期待されます。

出走経験はまだ3戦ですが、逃げの特性と、重馬場に適性を見せる走りをしています。

すでに人気が集まりつつある馬ですが、産駒まで含めた今後の動向が気になる馬の1頭です。

★芝戦

こちらも当然のことながらサンデーサイレンス産駒が多いです。芝の方で活躍しているのはディープインパクトからの流れが結構見られます。

そのディープインパクトの直系の産駒でギベオンという馬の走りがなかなかいいですね。

短距離で逃げの特性を持っているので、今後の成長が楽しみです。中距離まで伸ばせるか、近距離でスピードが上がってくるか・・・。

芝の方ではサンデーサイレンス産駒ではない血統の流れを持つ、期待の馬は2頭見つかりました。

キングカメハメハ系の血統を持つエアシンフォニーと、サッカーボーイ産駒のライトカラカゼです。

キングカメハメハ系はサンデーサイレンス系と対をなす有力な血統なので、エアシンフォニーは納得の期待馬です。

加えて、父母がルーラーシップとエアデジャヴーという、優秀な馬の家系のエリートなので、今後の活躍は大きく期待されています。

逆に言うと、新馬戦から1着戦績のスタートの人気馬なので、大穴になる、というわけには行きそうにないですが。。。

ライトカラカゼはサンデーサイレンスでもキングカメハメハでもない血統で、新馬戦から上位入着を果たしているため人気が高まってきていますが、血統だけを見ると穴になりうる馬です。

走りの特性は逃げ主体、中距離の芝コースが得意です。キングヘイローを父に持つ馬なので、芝の特性は確かに納得です。大穴としての期待値も高まります。

2018年の狙い目穴馬

血統を見るのは楽しい

血統の話を色々としてきましたが、競走馬の血統は、競馬の歴史と密接に関係していて、血統と、関係する馬の戦績を見ていくことで、いろいろなことがわかってきます。

競馬の予想をするときに血統を重要な要素として考えるのは、一つは戦績との関係がわかりやすいという点ではないでしょうか。

一方でいい血統だからと言って強い馬が生まれるわけではないという判断の難しさも競馬予想の面白みを引き出しています。

また、様々な競走馬がいる中で、大きな戦績を残した馬と、その子孫もまた戦績を残していくという形が、人間ドラマに似た感動を与えてくれることが魅力と言えます。

血統表は現在でも完全に統一されているわけではなく、父系、母系など、競馬予想の考え方しだいで形が違うものがあります。

一般的な血統表は最近になって確立され、父系母系を同時に見ることが出来、かなりわかりやすくなったといえます。

インターネットではこの血統表が無料で見られる時代になり、競馬予想にはとても便利になりました。

そして幸運なことに、現在の日本の競馬会では、特定の産駒の馬が多くを占めており、血統表には比較的見たことのある馬の名前が出てきやすいんですね。

こういうのもあり、競馬を始めるにあたって、ブラッド・スポーツとして血統の資料を理解しやすく、競馬を簡単に深く楽しむことの出来る時代になっていると言っていいでしょう。

CMで競馬に馴染みのない人たちに競馬の専門用語を使ったりして興味を持ってもらおうとしている理由がよく分ります。

血統という複雑な情報が簡単な形になっている今、新たな若い競馬ファンを獲得しようとしているんですね。

中央競馬様、大変おつかれさまです。

競馬を自分で予想してみる

ここまで読んでくださってありがとございます。

この記事を読んでくれているということは、競馬の予想に興味をお持ちかと思います。

血統による予想は、現在インターネットでとても多くの人が自身の予想を披露してくれています。

どういった観点で血統を見て、どういった予想をするのか。

それを見ているだけでも十分に競馬を楽しむことが出来るかと思いますが、そこはやはり自分でも予想してみたくなるのではないでしょうか。

でも、自分で予想するにはまだ経験がなくて自信がないという方も多いかと思います。

そしておそらく「競馬予想 無料」とか検索してみて何か良いサイトがないかなんてしたりすると思います。

検索したことがある方はもうお気づきかと思いますが、競馬予想サイトなるものがすごい数出て来るんですね。

加えてどの競馬予想サイトを使えばいいかを案内するサイトも大量に出てきます。

競馬の予想を無料だったり有料だったりで提供してくれるサイトは山ほどあります。

競馬予想にまだ自信がない場合はこういったサイトでどういう予想をしているか、どういう馬券の買い方を勧めているかを観察するのも一つの手です。

ただし注意点が一つあります。

競馬予想サイトと書いてあればどこでも安全なサイトかというと、そうではありません。

競馬予想の販売はまだ法律で厳しく規制されているわけではありませんので、詐欺的な競馬予想サイトもあるのです。

競馬予想サイトを利用する場合はその点だけ注意して下さいね。

そして競馬予想に自信がついてきたら、自分で血統の情報をもとに独自の予想をしてみましょう。

当たっても外れても、とても楽しい気分になりますよ。

自分でいろいろな情報をもとに予想した結果というのがやはり大きいんだと思います。

ぜひ競馬を自分で予想して楽しんで見て下さい。